石綿含有仕上塗材とは

建築用仕上塗材(以下、仕上塗材という。)は、建物の内・外壁及び天井の表面に、美装又 は下地の保護を目的に吹付け、ローラー塗り、こて塗りで凹凸模様やゆず肌模様などに仕上げられる材料です。
その施工仕様は、下塗り・主材塗り・上塗りの工程が基本となっており仕上塗材中の石綿は塗膜のひび割れや施工時のダレを防止するために、主材と下塗り及び下地調整材に含まれるとされています。
それらの石綿繊維は合成樹脂やセメントなどの結合材によって固められており、石綿含有量も少なく仕上塗材自体は塗膜が健全な状態では石綿が発散しないとされています。
石綿は、そこにあること自体が直ちに問題なのではなく、飛び散ること、吸い込むことが問題となるため、解体工事はもちろん改修工事(塗り替え・洗浄作業含む)においても適切に対処する必要があります。

塗装材の種類 期間 石綿含有量(%)
建築用仕上塗装材
(水系・溶剤系・セメント系)
薄塗材C(セメントリシン) 1981~1988 0.4
薄塗材E(樹脂系リシン) 1979~1987 0.1~0.9
外装薄塗材S(溶剤系リシン) 1976~1988 0.9
可とう形外装薄塗材E(弾性リシン) 1973~1993 1.5
防水形外装薄塗材E(単層弾性) 1979~1988 0.1~0.2
内装薄塗材Si(シリカリシン) 1978~1987 0.1
内装薄塗材E(じゅらく) 1972~1988 0.2~0.9
内装薄塗材W(京壁・じゅらく) 1970~1987 0.4~0.9
複層塗材C(セメント系吹付けタイル) 1970~1985 0.2
複層塗材CE(セメント系吹付けタイル) 1973~1999 0.1~0.5
複層塗材E(アクリル系吹付けタイル) 1970~1999 0.1~5.0
複層塗材Si(シリカ系吹付けタイル) 1975~1999 0.3~1.0
複層塗材RE(水系エポキシタイル) 1970~1999 0.1~3.0
複層塗材RS(溶剤系吹付けタイル) 1976~1988 0.1~3.2
防水形複層塗材E(複層弾性) 1974~1996 0.1~4.6
厚塗材C(セメントスタッコ) 1975~1999 0.1~3.2
厚塗材E(樹脂スタッコ) 1975~1988 0.1~0.4
軽量塗材(吹付けパーライト) 1965~1992 0.4~24.4
建築用下地調整塗材(モルタル系) 下地調整塗材C(セメント系フィラー) 1970~2005 0.1~6.2
下地調整塗材E(樹脂系フィラー) 1982~1987 0.5

「石綿含有 仕上塗材」1970~1999年まで使用されていた
「石綿含有 下地調整材」1970~2005年まで使用されていた

2006年以前の建築用仕上塗材・下地調整材は石綿を含有している可能性が高い
仕上塗材よりも下地調整材の方が石綿を含有している可能性が高い

※表記はあくまでメーカーによる製造の年数であるため、現場調合の建築材料の場合は施工年数だけで断定することはできません

塗装材 セメントリシン除去のアスベスト石綿調査設計
セメントリシン
塗装材 セメントリシン除去のアスベスト石綿調査設計
セメントリシン
塗装材 吹き付けタイル除去のアスベスト石綿調査設計
吹き付けタイル
塗装材 セメントスタッコ除去のアスベスト石綿調査設計
セメントスタッコ
塗装材 セメントリシン除去のアスベスト石綿調査設計
セメントリシン
樹脂モルタル・下地調整剤のアスベスト石綿調査設計
除去後

うっかりでは済まされない!!あれもこれもアスベスト工事です

アスベスト工事

例、外壁(石綿含有)改修工事において

  • 仮設足場組立の為、外壁を穿孔しアンカーを打ち込む作業またはコア抜きの作業
  • クラック補修の為、V・Uカットを行う作業
  • 塗膜の浮きや、露筋・爆裂のある外壁の高圧洗浄作業
  • 開口部増設の為、RCを斫る、ALCやPCを切断する作業

様々な石綿含有外壁仕上塗材のパターン

※剥離剤工法は無機系の仕上塗材や無機系の下地調整材には効果がないので適用できない

届出不要になりました

石綿含有成形版等(下地調整材)や石綿含有仕上塗材が使用されていても大防法、安衛法・石綿則の届出のいずれも不要になりました。ただし、作業計画の作成は必要になります。
※自治体による上乗せ規制の有無は都度確認が必要です

「建築物等の解体等に係る石綿ばく露防止及び石綿飛散漏えい防止対策徹底マニュアル(令和3年3月)抜粋」

外壁アスベスト対策工事の重要なポイント

①適切なサンプリング・分析

仕上塗材に含まれる石綿は、重量比0.1~1%未満の低い濃度の物が多く下塗り・主材塗り・上塗りの過程で複雑に幾層にも重なっています。
その上で、石綿が含有している層を特定することには大きなメリットがあり工費・工期の圧縮、適切な工法選定による石綿の取り残し防止など様々な事柄に直接的に影響を与えます。

②石綿含有層に応じた工法選定

適切な層別分析で得た情報をもとに工法選択を行います。
例えば下地調整材に石綿が含有している場合、有機物にのみ反応・含浸する剥離剤工法を選択してしまうと、肝心の下地調整材(無機物系)が除去できず、別途下地調整材まで除去できる工法で工事をやり直した事例があります。
逆に、外壁改修工事で下地調整材を活かしたまま上塗り・主材のみを除去したい場合に
ディスクグラインダー工法を選定し、下地調整材をも削り取ってしまった事例があります。

<作業基準例>

※各レベル共、解体・改修を前提とし石綿等の切断、穿孔、研磨等の作業を伴う作業を基準とする場合

レベル1
(吹付け石綿等)
作業場所の完全な密閉・隔離養生且つ作業場内を陰圧に保つ設備と洗身の設備が必要で、作業員は高濃度石綿粉じんに耐えうる保護具を装備しなければならない。
レベル2
(保温材・断熱材等)
同上(隔離同等の措置を除く場合)
レベル3
(その他成型板等)
養生は外部への風散防止程度を行い、湿潤化のうえ原則手作業で破砕を抑えて作業する。保護具は取り換え式半面型防じんマスク等を発塵量を鑑み使用する。
<工法比較表>

【簡易養生とは】パネル・シート等で風散防止を図り、足場の汚損・外部への流出を防止する程度
【隔離養生とは】簡易養生の措置及び天井・壁・床等全周を隙間なく養生すること

施工方法 集じん装置付き超高圧水洗工法(100MPa以上) 湿式集じん装置付きディスクグラインダー工法 乾式集じん装置付きディスクグラインダー工法 剥離剤(薬品)工法 超音波ケレン工法
1人あたりの
1日作業能率
約20~25㎡/日 約5~10㎡/日 約5~10㎡/日 約5~15㎡/日 約5~10㎡/日
工法採用時の
養生レベル

簡易養生

簡易養生

隔離養生(負圧不要)(※)

簡易養生

簡易養生
下地調整材除去可否 ×
注意点 ●設備設置場所の確保が必要
●使用した水をすべて回収し、適切に処理のうえ排水しなければならない。現在、石綿に関する排水基準はないが、凝集沈殿、ろ過処理等により適切に処理することが必要である。
●大量の粉じんが発生するため、作業者及び周囲の環境汚染に注意が必要である ●ジクロロメタンは使用不可
●塗料の完全除去は不可能
●下地調整材の除去は不可能
●作業速度が遅いため、作業効率が低い
●乾式工法のため、粉塵飛散の可能性がある
●HEPAフィルターの目詰まりに注意

※一部負圧隔離養生

詳しい比較表はこちら

③人と環境に優しい廃材・排水処理

除去に効果的な工法を選択できたとしても、作業員や近隣住民が石綿曝露してしまったり、人体に有害な薬剤を使用し近隣への臭気問題を引き起こしたり、廃棄物が流出する・排水で周辺環境を汚染する可能性があるため、より良い作業環境や廃材排水処理システムを提供する必要があります。

石綿含有建築用仕上塗材処理工法

  1. 集じん装置併用手工具ケレン工法
  2. 集じん装置付き高圧水洗工法(15MPa以下、30~50MPa程度)
    15MPa以下の吐出圧力による「高圧水洗工法」は、一般的に既存仕上塗材層表面の粉状物や付着物を除去・清掃する工法であるが、既存仕上塗材層表面が経年劣化などにより脆弱な場合や、既存仕上塗材層と下地との付着力が著しく低下している場合などには、既存仕上塗材層が部分的に除去される為、石綿含有仕上塗材に対し施工する場合は噴射した水及び剥離物を飛散させずに即座に回収する必要がある。
  3. 集じん装置付き超高圧水洗工法(100MPa以上)
    飛沫防止カバーを取り付けて湿潤・除去・吸引を同時に行える工法で、壁面等から跳ね返った水が周辺に飛散しないため、石綿含有仕上塗材の除去等にあたっては有効である。
    仕上塗材の厚みに左右されにくく、施工能力は他工法に比べ圧倒的に高い。
    ただし、開口部回りや入隅など飛沫防止カバーによって超高圧水が作用しない部分は他工法で補助する必要がある。
    また、プラント設置に大きなスペースが必要であり、廃棄物の分別や水の処理にコストと労力が掛かる。
  4. 超音波ケレン工法(HEPAフィルター付き掃除機併用)
  5. 剥離剤併用手工具ケレン工法
    剥離剤を有機系の既存仕上塗材層表面に塗付けて軟化させ、柔らかくなった仕上塗材層をスクレーパや皮すきなどの手工具でケレンする工法である。
    開口部回りなど 機器を使用する工法では除去できない部分などへも適用できる。
    ただし、セメントやけい酸塩を結合 材とする無機系の仕上塗材や無機系の下地調整材には効果がないので適用できない。
  6. 剥離剤併用高圧水洗工法(30~50MPa程度)
  7. 剥離剤併用超高圧水洗工法(100MPa以上)
  8. 剥離剤併用超音波ケレン工法
  9. 集じん装置付きディスクグラインダーケレン工法

    集じん装置付きディスクグラインダーケレン工法
    集じん装置によって粉じんの飛散を防止する工法である。平面且つ圧着が容易な箇所においては粉塵の発散が比較的低い。
    狭小部まで除去でき、手工具よりも施工能力は高い。
    但し、不陸や出隅の除去を行ったり、グラインダーの反力で圧着が弱まると非常に大量の粉塵が発散する。
    自治体によっては「隔離措置と同等」とは認められず、全周の養生を求められる。

マルホウでの解決策

廃棄物の分別 …吸引した剥離物と汚水を自動分別処理します
水の処理 …廃水は濾過、pH 処理し安全に排水できます
無機系仕上塗材
下地調整材
…剥離剤では除去できない厚膜塗装や無機質系仕上塗材、下地調整材を安全確実に除去します
粉じんの発散 …超高圧水を同時吸引式カップ内で噴射させ湿潤、剥離、吸引を同時に行う施工法ですので、粉塵の発生を抑えます
隔離養生 …弊社工法(ウォータークリーン工法)は「湿潤化及び隔離養生と同等の措置」とされる工法であり、簡易的な養生で施工が可能です

レベル3相当対応 環境対応 ウォータークリーン工法 〈集塵装置付き超高圧水洗工法〉

マルホウでは、この問題をウォータージェット同時吸引式除去工法で解決いたします。
「湿潤化及び隔離養生と同等の措置」とされる工法の1つであり、簡易的な養生で施工が可能。
超高圧水を同時吸引式カップ内で噴射させ湿潤、剥離、吸引を同時に行う施工法ですので、粉塵の発生を抑えアスベスト除去時の問題を解決した環境配慮型の施工法です。
また、剥離剤では除去できない厚膜塗装や無機質系仕上塗材、下地調整材といった石綿含有外壁仕上塗装材及び石綿含有下地調整材を安全確実に剥離し同時に除去水と廃材を強力吸引し施工環境を改善いたします。
さらに、吸引した剥離物と汚水を現地で、同時に濾過して放流し、剥離物はフレコンバックに自動分別処理出来る施工法ですので、ウォータージェット(超高圧洗浄時)排水、廃材の問題を解決した優れた施工法です。排水中に含まれるアスベストは検出限界値以下50f/?以下にして放流致します。NETIS登録CB-160029-A BCJ-審査証明-278

(2016年5月 建築物の改修・解体時における石綿含有建築用仕上塗材からの石綿粉じん飛散防止処理技術指針 準拠)

アスベスト除去工事 アスベスト石綿調査設計
ウォータージェットアスベスト除去工事
ウォータージェットアスベスト除去工事
アスベスト含有廃水の処理後のろ過水

工法選定フローチャート

施工動画集

本社:〒470-0162愛知県愛知郡東郷町春木下鏡田446-1098
電話:0561-39-4644 FAX:0561-39-4645

大阪支店:〒532-0002 大阪府大阪市淀川区東三国2-5-5
電話:06-6151-5213 FAX:0120-004-287

東京支店:〒105-0004 東京都港区新橋四丁目27番7号田村町Shinshodoh BLDG4階
電話:03-6435-9775 FAX:0120-004-287

東日本事業所:〒252-0152 神奈川県相模原市緑区太井143-1
電話:0120-004-275 FAX:0120-004-287

埼玉支店:〒333-0811 埼玉県川口市戸塚2-3-10-1階
電話:048-446-6926 FAX:0120-004-287

仙台営業所:〒980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院2-1-61 タカノボル第5ビル 1F
電話:022-208-8975 FAX:0120-004-287

北陸支店:〒925-0053 石川県羽昨市南中央町キ106-39
電話:0767-23-4641 FAX:0120-004-287

広島営業所:〒730-0015 広島県広島市中区橋本町9-7 ビル博丈8F 
電話:082-536-3602 FAX:0120-004-287

九州沖縄支店:〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前四丁目17番15号MODERN BUREAU博多駅前1002
電話:092-409-9774 FAX:0120-004-287

北海道営業所:〒060-0004北海道札幌市中央区北4条西4-1-7MMS札幌駅前ビル1階
TEL:011-804-8540

群馬営業所:〒370-0841群馬県高崎市栄町3番11号高崎バナーズビル4階
TEL:027-310-3585

茨城営業所:〒305-0031茨城県つくば市吾妻1-5-7ダイワロイネットホテルつくばビル 2階
TEL:029-817-4859

千葉営業所:〒260-0015千葉県千葉市富士見1-14-13千葉大栄ビル8階
TEL:043-382-9666

静岡営業所:〒430-0926静岡県浜松市中区砂山町355-4ハマキョウレックス浜松駅南ビル4階
TEL:053-541-7585

長野営業所:〒380-0921長野県長野市栗田1000-1長栄長野東口ビル1階
TEL:026-480-2637

新潟営業所:〒950-0000新潟県新潟市中央区上大川前通七番町1230-7ストークビル鏡橋 7F
TEL:0120-004-275

富山営業所:〒930-0004富山県富山市桜橋通り3-1富山電気ビルデイング本館2階
TEL:076-486-8172

兵庫営業所:〒670-0912兵庫県姫路市ミツワビル南町63
TEL:079-257-1659

京都営業所:〒600-8009京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町101アーバンネット四条烏丸
TEL:075-279-4267

長崎営業所:〒850-0035長崎県長崎市元船町9-18長崎 BizPORT 2F
TEL:095-872-7885

大分営業所:〒870-0021大分県大分市府内町3-4-20大分恒和ビル4F
TEL:0120-004-275

熊本営業所:〒860-0807熊本県熊本市中央区下通1-3-8下通NSビル 6階
TEL:096-241-9462

宮崎営業所:〒885-0805宮崎県宮崎市橘通東4-1-4河北ビル1階
TEL:0985-44-2127

鹿児島営業所:〒892-0847鹿児島県鹿児島市西千石町11-21鹿児島MSビル5階
TEL:099-808-3432

沖縄営業所:〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目10-24ホークシティ那覇ビル1階
TEL:098-916-6625

施工地域:愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・長野県・福井県・石川県・富山県・ 関西地域 大阪府・兵庫県・奈良県・京都府・和歌山県・岡山県・広島県・香川県・高知県・徳島県・愛媛県・関東地域 東京都・千葉県・茨城県・栃木県・埼玉県・群馬県・神奈川県・山梨県 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 新潟県 滋賀県 鳥取県 島根県 山口県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

無料お見積り・お問い合わせはお気軽に